料金の違い|アイピル(アフターピル)を通販で購入して万が一の事態に備えよう

料金の違い

薬を持っている白衣の男性の手元

アフターピルは産婦人科に行けば処方してもらうことができます。
専門家の指示や判断で処方してもらえるため、安心感は強いでしょう。
しかし、産婦人科からアフターピルを処方してもらう場合に大きな問題となるのが、高額な料金です。
保険適用外なことからみなさんが料金を全負担しなければいけず、その料金は他国の10倍近くとなっています。
避妊に関するアクシデントを防いでくれる心強い味方とはいえ、高額な料金は経済的な負担を大きくしてしまいます。
産婦人科からアフターピルを処方してもらう場合の相場は5,000~15,000円だと言われています。

それに比べ、通販サイトを利用して購入すれば、アイピルをかなり安い料金で購入することができます。
利用する通販サイトにもよりますが、1錠あたり1,500円前後で販売されていることが多いです。
ネット上で注文手続きをすべて済ませ、商品も自宅に届けてもらえることから、産婦人科を利用するときに必要な交通費や診察費も払わなくて済みます。
総合的な出費を大幅に抑えることができるでしょう。

女性ならぜひとも常備しておきたいアイピルは、このように通販サイトを利用してお得かつ手軽に購入することができます。
何かのアクシデントで妊娠してしまうと、女性にかかる負担は心身ともにかなりのものとなってしまいます。
そうなることを避けるためにもアイピルの事前購入はぜひともしておいていただきたいのですが、使用に関して注意してほしいこともあります。
アフターピルは「緊急避妊薬」という別名があることからもわかるように、あくまでも緊急時に服用する避妊薬です。
高い避妊効果を発揮するとはいえ、100%避妊してくれるとは限りません。
最初からアフターピル頼りにして避妊をせず性行為をする、ということだけはやめておきましょう。